2008年10月04日

テーブル紹介6 ゴーストハンターRPG02「名探偵に薔薇を」

名探偵に薔薇を

シナリオ予告

メルヘン小人地獄

むかしむかし、それはわるい、とてもわるい博士がいました。悪行の限りをつくしたあげくあっさり死んでしまいましたので、仲間を殺された小人たちはうらみのはけ口がありません。話しあいのけっか、ハンナ、ニコラス、フローラの三人を殺すことにしました。
つもりつもったうらみをはらすと、村にへいわがもどりました。めでたしめでたし。

始まりは、新聞社など各メディアに届いた怪文書『メルヘン小人地獄』だった。それは途方もない毒薬を作った博士と毒薬の材料として殺された小人たちの復讐を綴る童話だった。やがて童話をなぞるような殺人事件が起き、世間の注目を集めることに……。

PC達は少女を魔の手から守ることが出来るのか?

マスターから
本格推理風のシナリオです。連続殺人事件の犯人のアリバイを崩し、犯行手段を見つけるのが目的です。(犯人が誰かは最初から明確です)魔法やスキルなどを使って、キャラクターの能力で情報収集できるようにしています。登場人物や地図のまとめや、情報TIPSなども用意しますので、途中で詰まることは無いと思います。戦闘はありません。
簡易ハンドアウト
PC1 少女の家庭教師で大学生
家族を殺された少女を支え守る。
PC2 刑事
殺人事件の調査と、被害者の家族の警備を担当する。
PC3 新聞記者
新聞社に届いた怪文書『メルヘン小人地獄』と殺人事件に興味を持ち調査を始める。


卓データ

システム名:ゴーストハンターPRG02
募集人数:1〜3名

マスターによるシステム紹介
本来は1920〜30年代(日本だと大正時代ごろ)を舞台にしたホラーRPGです。今回は昭和60年代の日本が舞台になります。携帯電話やインターネット環境があまり普及していない時代です。(銃や火器などは現代日本が舞台なので、かなり制限されます。)
TRPG初心者対応(3行目途)
ミステリーや探偵推理物などが好きな方なら対応できます。現代の日本が舞台なので設定もわかりやすいです。

ゴーストハンターRPG02初心者対応
判定方法は統一されていて理解しやすいので、ルールを知らない方でも問題なく遊べるはずです。

注意事項
本格推理小説『名探偵に薔薇を』をシナリオ化しました。既読の方は展開の驚きが減りますがご了承下さい。


posted by 広島TGC at 10:49| Comment(0) | テーブル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。