2008年10月07日

テーブル紹介3 トーキョーN◎VA−D「Vendetta」

Vendettaヴァンデッタ

シナリオ予告
 復讐。
 幼い頃の幸せは銃声と共に血にまみれた。
 復讐。
 “ 魔弾”クーゲル、それがキミの仇の名前。
 N◎VA 最強を謳われるマフィアのドン。
 名前を変え、顔を変え、キミは裏社会でヤツの目に留まるほどの凄腕になった。
 だがそんなとき、カーライルに激震が走った。
 「“ 我々”の中に内通者がいる。」
 そう言い残し幹部の一人が消息を絶ったのだ。
 「裏切り者に死の接吻を。」それが“ 我々”の掟。
 「血には血を。」それが裏社会の掟。

トーキョーN◎VA the Detonation
Vendetta
血塗られた弾丸よ、運命の扉をブチ開けろ。


マスターから
今回PC にこんな設定をつけさせてもらいました。
PC@カブトワリ:ガンマン、スナイパー。
 かつてカーライルシンジケート(北米マフィア)の手により家族を失った復讐者。身分を隠して復讐の対象である、マフィアのドン、クーゲルに近づいている。
PCAレッガー:カーライルの構成員。
 ドン・クーゲルの側近。かつてPC@の両親に恩を受けたことがある。
PCBイヌ:刑事。
 かつて北米カーライルの金庫番、マリオに煮え湯を飲まされたことがある。今はN◎VAカーライルへの潜入操作を行っている。
PCCニューロ:ハッカー。
 ドン・クーゲルにシンジケート内部の裏切り者探しを命じられる。

卓データ
システム名:トーキョーN◎VA the Detonation
募集人数:3〜4 名

マスターによるシステム紹介
 舞台は近未来。力と無情が支配する「災厄の街、トーキョーN◎VA」で、社会から失われつつある、でも捨てられない「何か」をもったPC 達が、その自分の「生き方」を貫いて様々な障害に挑む…。そんな「カッコイイ」RPG です。
 判定にはトランプを使いますが、これはとてもシンプル。「神業」という決定的演出権がキャラ一人につき三回使えること、映画や舞台みた
いにシナリオを「場面」に区切って運営するのがシステム的な特徴のRPGです。
 
TRPG初心者対応
 対応します。
 初めての方には復讐者、刑事がお勧めの導入です。人情派の貴方にはマフィアで義理と人情の板ばさみになってもらうのも楽しいかと思います。

トーキョーN◎VA初心者対応
 もちろん対応しています。システムについては、基本的な判定方法と「神業」の使い方だけ少し説明させて下さい。

この卓の掟
“ 喧嘩は仲良くやりましょう”
キミとボクとのお約束です。( 笑)



posted by 広島TGC at 00:38| Comment(0) | テーブル紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。